母子3人で1泊2日の旅。
仙台と松島に行ってきました。
伊達政宗ゆかりの地を巡る旅。

朝8時過ぎの東京発の新幹線。
10時過ぎに仙台に到着。
るーぷるというバスで、仙台市内を巡ります。

まずは瑞鳳殿。
伊達政宗のお墓。
生前にこの場所が気に入って、ここに墓所を造るよう命じていたそう。
終焉の地は、日比谷公園にあった仙台藩屋敷。
前に日比谷公園でその看板を見たので、
あそこで亡くなってここで眠っているのねーと感慨深い。



登って登って~。
この階段の前に、長くて急な坂も登った。

瑞鳳殿は色鮮やか。中国っぽい。





資料館もじっくり見学。



バスで仙台城跡に移動。



天守は元々造られておらず、当時のものが残っているのは石垣のみ。
空襲で焼失した櫓が再建されています。

本丸会館のお蕎麦屋さんにてお昼。



ホタテもイクラも、すっごくおいしかった!
蕎麦はまぁ普通。

そして、お城の資料館へ。
CGシアターで、本丸大広間が再現されていた。
見応えあるな~と思いながら後半眠ってしまい、子供達の話についていけず。

展示もおもしろかった。
政宗は甲冑の胸の部分が鉄砲の弾を跳ね返すか
実験をしてから使っていたらしく、
胸の部分に弾の跡が残っているの!

あと、慶長遣欧州使節について。
政宗が、スペイン国王やローマ教皇のもとへ派遣した一行。
その足跡が写真付きで詳しく展示されていた。
国としてでなく、一武将がここまでしたんだと思うとすごい。
結果的には成果は得られなかったのが悲しいけど。
この時の「ローマ市公民権証書」と肖像画2点が、2013年にユネスコ記憶遺産に登録されたそう。


その後、三の丸跡にある仙台市博物館まで徒歩で移動。




石垣のすぐ近くに道路ってなかなか見ないロケーション。
石垣が高くてピシッと整っていて、とてもきれい。




場所によって積み方が全然違うのね。





博物館もすごく見応えがあって、かなり長居。

伊達家の町造りが今の仙台の礎となっていて
仙台の人がそれをとても大切に思っていることが良く分かる。
大河ドラマの真田丸では伊達政宗はチャラく描かれているけど、そうではないな。



本当はもう一カ所、大崎八幡宮に行きたかったんだけど、
時間切れかつパワー切れ。


仙台駅に戻って夕食。
仙台に来たら牛タン♪



柔らかいけど歯ごたえもあって、ジューシー♪
麦飯、テールスープ付きで1人前1700円ちょっと。
3人とも大満足。


そして本日のお宿へ。



結婚式を挙げた神戸のホテルと同じところ。
神戸はイタリアの修道院がモチーフで、
仙台はプラハがモチーフだそう。




ずんだ茶寮で買ってきたプリン。
おいしかった♪

Secret

TrackBackURL
→http://lelisyuri.blog115.fc2.com/tb.php/1995-4c8ecc43
お試しセット