2014.05.19 イメージの力




六本木の国立新美術館へ、「イメージの力」を鑑賞しに。

大阪の国立民族学博物館の所蔵品を、
アートの面に注目して美術館で展示する
という面白い試み。

イメージを形にすることと、
その形にされたものから受けとめるイメージは、
地域や時代を問わず人類に共通するものなのかを考える…
というのがテーマ(だと私は受け取った)。

一番印象に残った作品。
「武器を鍬(くわ)に」プロジェクトによるもの。
長い内戦の続いたモザンビーク。
民間に残された数百万丁の銃を、
農具や自転車と交換し、
回収した銃でアートに生まれ変わらせるというもの。
松山のNPOが、放置自転車を
モザンビークに送る活動をしているそう。
銃を溶かしてとかじゃなく、
分解したものを繋ぎ合わせて。
自転車に乗る人「いのちの輪だち」や、
肘掛け椅子があった。
銃の引き金の部分がそのまま残っているのを見ると
17年間続いた内線の中で生まれ育った子供達は
どんなふうに生きてきたんだろう、とか色々考えた。


土日とも一人で好きなコトさせてもらったから
また今日から頑張ろ。
とりあえず、やっと五月人形を片付けたー。

:::::::::::::::::::::

ご注文いただいている皆様、順番にお返事します。

Secret

TrackBackURL
→http://lelisyuri.blog115.fc2.com/tb.php/1428-1bb42117
お試しセット